レシピ

牡蠣ご飯

作りやすい分量
米 2合
牡蠣 1袋
芽ひじき 大さじ1
油揚げ 2枚
生姜 ひとかけ(親指大)
薄口醤油 大さじ2
酒 大さじ3
水 小ネギ 適宜
片栗粉・塩 適宜(牡蠣の下処理用)

1 米を研いで、しっかりと水を切っておく。(約30分)生姜は千切り、油揚げは細切り、芽ひじきは水戻ししておく。

2 牡蠣に片栗粉と塩を加えてやさしく揉み、水を加えてぬめりと汚れを落とし、水を変え2度ほどすすぎ洗いをし水気を切って、キッチンペーパーなどでしっかりと水分を拭き取る。

3 小鍋に薄口醤油と酒を入れ、沸騰したら牡蠣を加えてゆらゆらと弱火で煮て、牡蠣がふっくらしたら火をとめる。火から下ろして、牡蠣と煮汁に分ける。

4 鍋に1の水を切った米と同体積の3の煮汁と水を合わせたものを入れ、軽く混ぜ、生姜・油揚げ・水を切ったひじきを加え蓋をして中火にかける。

5 沸騰したら弱火にして8分炊き、火を止めたら3の牡蠣を加え一緒に15分蒸らす。

6 器に盛り、小ネギをちらす。

Tips!
先に牡蠣に火を通し煮汁と分けて取り出しておくことで、牡蠣がプリプリのご飯に仕上がります。ひじきも入って海のミネラルたっぷりの炊き込みご飯です。
炊飯器を使わずにご飯を炊く時は、研いで30分ほど水気を切ったお米と同体積の水分で炊くと水加減を失敗しません。
炊飯器を使う場合は、お米を入れたら先に牡蠣の煮汁を加え、その後に水を2合のメモリまで入れましょう。

黒酢酢豚

豚もも肉 600g
塩糀 大さじ2
にんにく 2片 *すりおろす
片栗粉 適量
黒酢 大さじ4
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1.5
砂糖 大さじ1
ごま油 小さじ1
水とき片栗粉・揚げ焼き用油 適量
白ネギ 適宜


1 豚もも肉を適当な大きさの塊に切り分け、塩糀とにんにくをポリ袋に入れて全体を揉んで冷蔵庫で半日~1日漬け込む。


2 豚もも肉をさっと洗い流し、水気を拭き取り3センチ角の大きさに切り分け、片栗粉をまぶす。


3 2を少なめの油で、時々ひっくり返しながら3分ほど揚げ焼きにする。


4 フライパンに合わせておいた調味料を加え火にかけ、沸騰したら水とき片栗粉加えてとろみがついたら3を加えてざっと混ぜ合わせる。 ゆるめにとろみをつけるのがポイント。
*写真では先にお肉が入ってしまいました。


5 火を止めてごま油を回しかける。


Tips!
脂身の少ない豚もも肉なのでヘルシーに仕上がります。塩麹に漬け込むことで、加熱しても柔らかくしっとりとした食感になります。
黒酢たっぷりで、甘いけれど甘すぎない大人な酢豚です。黒酢の代わりにバルサミコ酢を使っても美味しく作ることができます。

ブロッコリーの磯和え

4人分
ブロッコリー 1個
醤油 小さじ1
韓国風もみ海苔 大さじ6


1 ブロッコリーを小房に分けて、好みの硬さに茹でる。


2 粗熱が取れたら、1に醤油をまわしかけ、韓国風もみ海苔とあえる。


Tips!
韓国風もみ海苔のごま油の香りが食欲をそそる一品です。時間が経つと海苔が水分を含んでしっとっりと馴染みます。
ブロッコリーを茹でた後、平ザルなどにあげ、うちわなどで風を当てて冷ますと水ぽくならず美味しくできます。

みかんの生チョコ大福

4個分
みかん 1個
切りもち 1個
水 大さじ1
砂糖 大さじ1
ブラックチョコ 1枚(50g)
生クリーム 大さじ2
ココア 適宜


1 耐熱ボールに刻んだブラックチョコレートと生クリームを加え、500wの電子レンジで30秒加熱する。


2 1をしっかりと混ぜ合わせたら、ラップの上に丸く広げ、冷蔵庫で30分冷やし固める。


3 みかんの皮を剥いて、白い筋も取り4等分に分け、固まった2でみかんを包み、再度冷やし固める。
*チョコレートが手の温度で溶け出すので手袋をすると良い。


4 耐熱ボールに細かく切った餅と水を入れ、軽く混ぜたらラップをして500Wのレンジで1分加熱する。

5 4に砂糖を加え、濡らした木べらで全体が滑らかになるまで練る。

6 バットにココアをふり、5を入れ広げたら全体にココアをまぶして4等分にする。

7 3にもココアをふり、6の餅で全体を包む。


Tips!
残り物のみかんとお餅1個から作れる簡単おやつです。餅を電子レンジで加熱した後にしっかりと滑らかになるまで練ると包みやすく、後になっても硬くなりにくいです。水で湿らせた木べらを使うとGood!

ごろっとみかんの牛乳寒天

6個分
––みかんのコンポート
みかん6個
水 200ml
白ワイン 100ml
砂糖 大さじ3

––牛乳寒天
牛乳 300ml
コンポートシロップ 150ml
水 50ml
寒天 4g
砂糖 大さじ2


––みかんのコンポート
1 みかんの皮をむき、少し熱いお湯に浸け、内袋の白い繊維を取り除く


2 みかん以外の材料を鍋に入れ、沸騰したら1のみかんを加える
3 ぐらぐら沸騰しない程度の火力で10分煮て、そのまま冷ます


––牛乳寒天
1 みかんのコンポートをみかんとシロップに分け、みかんの水分をキッチンペーパーなどで拭き取る


2 牛乳以外の材料を鍋に入れ混ぜ、沸騰したら寒天がしっかり煮溶けるよう、約1分混ぜながら加熱する


3 2の火を止めて、常温に出しておいた牛乳を加えしっかりと混ぜる
*冷えた牛乳だと寒天液が固まってしまうので注意!


4 1のみかんを器に並べ、その上から牛乳寒天液を流し入れる


5 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、固まって器から出したら完成

豆腐とカニカマのとろみ汁

4人分
水 400ml
鶏ガラスープ(顆粒) 小さじ1
薄口醤油 小さじ1
カニかま 4本
絹豆腐 1/2丁
片栗粉 大さじ1(大さじ3の水で溶く)
卵 1個
しょうが/青ネギ 適宜


1 鍋に水/鶏ガラスープ/薄口醤油を入れ火にかけ、沸騰したら食べやすい大きさに切った豆腐と、ほぐしたカニかまを加える


2 塩(分量外)で味を整え、水溶き片栗粉を加え、全体にとろみをつける


3 溶いた卵を2に加え、フワッと卵が浮き上がってきたら火を止め、しょうがの絞り汁を加える


4 器に盛り、青ネギを散らす


柿と春菊の塩糀サラダ

作りやすい分量
春菊 1袋
柿 1玉
塩糀 大さじ2
酢 大さじ2
醤油 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2


1 春菊は茎と葉に分け、葉の部分のみ使用し、食べやすい大きさに切る


2 柿を拍子切りに切る


3 すべての調味料を混ぜあわせ、食べる直前に春菊と柿と合わせ混ぜる

しみ旨炒り豆腐

4人分
木綿豆腐 1丁
干し椎茸 3個
人参/蓮根などお好みの野菜 150−200g
松山あげ 1/2袋
ごま油 大さじ1
醤油 大さじ2
干し椎茸の戻し汁 大さじ2
酒 大さじ1


1 フライパンに油(分量外)をしき、木綿豆腐を手で崩しながら入れ、水分が豆腐からあまり出なくなるまで炒める


2 1を別の皿に移し、ごま油で野菜を炒め、醤油/だし汁/酒を加えふたをして水分が無くなるまで煮つめる


3 2に1の豆腐を加え、全体をしっかりと混ぜ、味をみて足りなければ塩で調味する


4 火を止めて、松山あげを加え、混ぜ合わせ完成


*写真では、人参70g/蓮根60g/春菊の茎1袋分の野菜を使用しています。

豚のとろとろ角煮

4人分
バラ肉ブロック 500−700g
ねぎの青い部分 1本分
しょうが 1片
水 200ml
酒 100ml
みりん 50ml

醤油 50ml
ゆで卵 4個
白髪ねぎ/からし 適宜


1 バラ肉ブロックを食べやすい大きさに切る


2 沸騰したお湯に1を入れ、サッと茹で余分な油を落とす


3 圧力鍋に2のバラ肉、ゆで卵以外の材料を加え、ふたをして強火にかける
4 おもりが揺れ始めたら弱火にして、25分加圧し、火を止める


5 自然に圧力が落ちたら、ゆで卵を加え、ふたをして再び火にかける
6 おもりが揺れ始めたら2分加圧し、火を止める


7 自然に圧が落ちたら、鍋のふたを開け、煮汁が半分ぐらいになるまで煮つめる


8 皿に盛り、上に白髪ねぎをあしらい、皿にからしを添える

ブリのからあげのみぞれ和え

2人分
ブリの切り身 2切れ
塩糀 大さじ2
しょうが 1片
れんこん 200g
パプリカ 1/2玉
大根 1/4本
片栗粉/あげ油/ポン酢 適宜

1 ぶりの切り身を3−4等分に切り分け、ビニール袋に塩糀とすりおろしたしょうがに30−60分ほど浸ける
2 蓮根は乱切りに、パプリカは食べやすい大きさに切る


3 揚げ油を180℃に温め、片栗粉を軽くまぶした蓮根とそのままのパプリカを揚げる


4 1のブリの塩糀を拭き取り、片栗粉をはたいて、カラッとするまで揚げる


5 すりおろした大根の水気をやさしく切って、揚げたブリ/野菜と和える


6 ポン酢をかけていただく